150 Years History of Basball Managers in MLB and NPB volume22: Gil Hodges The Outstanding Leader of Miracle Mets (Baseball Civilization Library) (Japanese Edition) por Kairi Ryoma

150 Years History of Basball Managers in MLB and NPB volume22: Gil Hodges The Outstanding Leader of Miracle Mets (Baseball Civilization Library) (Japanese Edition) por Kairi Ryoma

Titulo del libro: 150 Years History of Basball Managers in MLB and NPB volume22: Gil Hodges The Outstanding Leader of Miracle Mets (Baseball Civilization Library) (Japanese Edition)

Autor: Kairi Ryoma

150 Years History of Basball Managers in MLB and NPB volume22: Gil Hodges The Outstanding Leader of Miracle Mets (Baseball Civilization Library) (Japanese Edition) de Kairi Ryoma está disponible para descargar en formato PDF y EPUB. Aquí puedes acceder a millones de libros. Todos los libros disponibles para leer en línea y descargar sin necesidad de pagar más.

Descargar PDF Leer on-line

Kairi Ryoma con 150 Years History of Basball Managers in MLB and NPB volume22: Gil Hodges The Outstanding Leader of Miracle Mets (Baseball Civilization Library) (Japanese Edition)

“If you read it, They will come.”(これを読めば、彼らはやって来る)日本に野球が伝来して1世紀半。日本の野球関連書籍史上初の「日米野球監督通史」がついに登場!第22巻は野球誕生100周年にあたる1969年、2リーグ24球団に球団数が拡張されて1年目のメジャーリーグで、万年最下位にあえいでいた弱小球団ニューヨーク・メッツを、巧みな人心掌握術と硬軟織り交ぜた選手指導、守備力重視の采配で、ナ・リーグ東地区の初代王者、初のナ・リーグ優勝、そしてワールドシリーズ制覇に導いたギル・ホッジスの足跡をたどる。現役時代、ドジャースの中心打者としてチームの黄金時代に貢献したホッジスは、引退後その卓越したリーダーシップを買われてマイナーでの修行経験なしでMLBワシントン・セネタースの監督に抜擢され、さらに選手として現役最終年を過ごしたメッツに引き抜かれる。トム・シーヴァー、ノーラン・ライアンら有望な若手選手の台頭もあり、1年目に最下位を脱出すると、2年目には誰もが想像もしなかった大飛躍が待ち受けていた。【主な内容】第6章・日米野球界「群雄割拠の時代」の監督たち(1970年代後半~90年代前半)1.メジャーリーグ“エクスパンション時代” 以降の 超個性派監督たち①・1969年から始まったMLBの一大変革期ギル・ホッジス~志半ばで斃れた「ミラクルメッツ」の立役者・新興球団で見せた名将の片鱗・卓越していたホッジスの人心掌握術・野球誕生100周年の年に成し遂げた“ミラクル”~志半ばでの夭折・ギル・ホッジス略年譜【著者】海里龍馬(かいり・りょうま)生年月日・出身地非公表。地球市民。日本大学芸術学部演劇学科卒(心情的中退者)。編集プロダクション、出版社に勤務して雑誌編集者、取材記者を務めたあとフリーランスとなり、現在は野球史研究者、ノンフィクション作家、小説家。「野球文明研究所」の設立・運営に参加し、「野球文明叢書」編集委員を務めている。2019年は世界初のプロ野球チーム「シンシナティ・レッドストッキングス」が誕生して150年。このチームをプレイングマネジャーとして率いたハリー・ライトは初の「プロ野球監督」であり、2019年は「プロ野球監督誕生150年」の年でもある。日本のスポーツ指導者のなかでもプロ野球監督の注目度や地位は他の競技と比較にならないくらい高く、書店の書棚には野村克也、星野仙一、落合博満など監督として成功を収めた野球人たちの著書が並べられている。だが、これほどまで注目を集める「野球監督」が、いつ、どこで、どのようにして生まれ、これまでどのようか人物がどんなチームを率いて、どんな選手を育ててきたかを記した「通史」は、野球が明治維新の到来とほぼ時を同じくして日本に伝来して以来、出版されてきた形跡がない。ハリー・ライトが初めて「プロ野球監督」になってから現在まで、コニー・マック、ジョン・マグロウ、ミラー・ハギンス、ジョー・マッカーシー、レオ・デュローシャー、ウォルター・オルストン、ケイシー・ステンゲル、アル・ウィーヴァー、スパーキー・アンダーソン、ビリー・マーティン、トミー・ラソーダ、ボビー・コックス、ジョー・トーリ、トニー・ラルーサ、藤本定義、鶴岡一人、三原脩、水原茂、川上哲治、西本幸雄、上田利治、広岡達朗、古葉竹識、森祇晶、長嶋茂雄、王貞治、野村克也、星野仙一、落合博満、栗山英樹、工藤公康など、1世紀半の間メジャーリーグや日本プロ野球に登場した監督たちはいかに球史に足跡を残し、時代を変えてきたのか?監督の実力を測る新たな指標「監督評価ポイント」を駆使して、「野球監督の150年」を語りつくす史上初の野球監督通史「野球監督 日米150年史」シリーズは毎週金曜日に刊行!